妊娠線予防は保湿だけをしていればいいと思っていませんか?
多くのママが保湿さえしていれば妊娠線はできない。と保湿だけのケアで妊娠線ができてしまったことを後悔をしています。
知っているだけで妊娠線予防のメリットがぐんと上がる妊娠線予防について紹介をしていきます。

知っているだけで差がつく妊娠線予防の基本

妊娠線を予防するためには「保湿」「食事の内容」「運動」「服の選び方」「寝姿勢」「お通じ解消」など、さまざまなことに注意していかなければいけません。
しかし、妊娠中のデリケートな状態に加えて家事や育児、さらには臨月間じかまで仕事を行っているかたも多くいることでしょう。
そんな状態で妊娠線を作らないために細かい食生活のことや服の選び方、さらには寝る姿勢などを気にしていてはストレスを抱えてしまう原因にもなりかねません。なので、ここでは妊娠線予防のために最低限抑えておきたい方法を紹介しています。
簡単にできてしかもメリットの高い【ずぼら妊娠線予防】。
妊娠線を作らないためのメリットの高い簡単な予防方法を見ていきましょう。
妊娠線ができないように気をつけるポイントは4つ。

  • ・妊娠線予防を早目から開始する
  • ・妊娠線クリームやオイルを使う
  • ・体重管理
  • ・適度な運動

たったこれだけで妊娠線ができる確率をぐんと下げることが可能です。でも、産婦人科の先生や助産師、看護師さんに妊娠線のことをたずねても返ってくる答えは「保湿をしていればOK!」だけ。そういわれたら保湿をしておけば妊娠線はできないのだと誰もが勘違いしてしまいますよね。
しかし、保湿だけの妊娠線予防をしたところで50%~60%の方に妊娠線ができてしまいます。保湿をしても半分以上の確率で妊娠線ができるというのだから、保湿クリームを塗って妊娠線の予防をする意味がないとも思えます。
妊娠線予防は保湿対策さえしていれば良いものではありません。妊娠線を作らないためにはクリームやオイルでの保湿以外の方法でも妊娠線予防を行わないと妊娠線ができる確率を下げることはできないのです。
これらの方法をおすすめに行うことで妊娠線予防のメリットを高めることが出来ます。妊娠線を作らない為に、これらの方法の妊娠線予防効果について詳しく説明していきますね。

早めに妊娠線予防を開始する

妊娠線を予防するなら、妊娠が発覚して余裕ができた時点ですぐに開始をしてください。妊娠線を予防するためには、あなたの体を妊娠線ができないように調節してあげることが大切です。
妊娠初期にはつわりで妊娠線のことを気にする余裕がないかもしれませんが、つわりが落ち着いたらすぐにでも予防を開始しましょう。
「いつから?」予防を始めたらいいの?と考えているうちに妊娠線はできてしまうかもしれません。
妊娠線予防のために妊娠線クリームや妊娠線オイルの使用をおすすめするのは、妊娠線専用のクリームやオイルが保湿だけでなく「肌の再生力を高める」「肌を柔らかくする」「保湿力が高い」という3つのメリットがあるから。
妊娠線はお肌の再生がお腹のふくらみに追いつかないことで発生することが多いので、お肌の再生力を高めて細胞同士のつながりを強くし、伸縮性の富んだお肌を作ることで予防効果が期待できるようになるからです。
妊娠線クリームやオイルには美容成分がたっぷりと含まれています。保湿と同時に妊娠線を作りにくいお肌を作ることができる妊娠線クリームやオイルは、一石二鳥の妊娠線予防アイテムとなるんですよ。
でも、気になるのはクリームとオイルどちらを使って妊娠線予防を使うのが良いのかということ。妊娠線クリームと妊娠線オイルどちらで妊娠線予防を行うべきかと聞かれたら、妊娠線クリームの使用がおすすめです。
オイルはお肌に水分を補給することができないので、乾燥した状態でオイルを塗ってもオイルは意味がありません。オイルはお肌が水分を持っている状態を狙って使用しなければならず、使い勝手が悪いデメリットがあります。
またオイルは使用感が独特なので、苦手だと感じる方も多くいるケア商品です。妊娠線予防効果としては高いものを持っている妊娠線オイルですが、こういったネックな点を考えると妊娠線クリームの方が使いやすくメリットが高いといえるでしょう。
妊娠する以前からオイルを使用している方はオイルの方が使い慣れているという理由でオイルを好む方もいますが、妊娠中は妊娠前と状況がかなり異なります。そのため、妊娠線5分講座では簡単に使用できて使用感が良く、メリットの高い妊娠線クリームをおすすめしています。

体重管理で妊娠線予防

妊娠線ができる大きな原因の1つに急激な(大幅な)体重増加があります。
ちょっとここで膨らんだ風船を想像してみてください。あと少しだったら空気が入りそうだなと思っても、勢い良く空気を入れると衝撃が強くて割れてしまいますよね。
妊娠線ができてしまうときも風船の原理と同様で、赤ちゃんの急激な成長と急激なお腹の脂肪増加によって気付いたら妊娠線ができてしまっていたという事態が発生してしまいます。妊娠中の急激な体重増加を防ぐには食生活の管理と適度な運動が大切です。
一般的に出産までの体重増加が12kgを超えた場合に妊娠線ができる可能性が高くなるため、急激な体重増加は妊娠線予防の大敵です。体重増加の1つの目安としては出産までに体重増加を8kgまでに抑えることを意識しましょう。

  • 妊娠15週(4ヶ月)⇒+2kg未満
  • 妊娠27週(7ヶ月)⇒+5kg未満
  • 妊娠39週(10ヶ月)⇒+3kg未満

かといって食事を無理に制限するのは赤ちゃんにいい影響を与えません。
食事の管理方法として重要なのはバランスよく食べること。体重を気にしていても、ご飯やうどんなどの穀物や、野菜や乳製品、海藻類、お肉、魚などをしっかり食べるよう注意してくださいね。特に妊婦さんが不足しがちな「葉酸」「鉄分」「カルシウム」は毎日の食事から摂取できるようにすることが大切です。
体重の増えすぎは妊娠線だけでなく妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)を引き起こす原因にもなります。
理想は月に1kgずつ増加して出産時に10kg増未満に抑えること。妊娠線をつくらないためにも、母子共に健康に過ごすためにも、体重管理には十分気をつけるようにしましょう。

適度な運動で妊娠線対策

運動は体重増加を防ぐために行うものだと勘違いしていませんか?もちろん妊娠線予防のために運動をして体重管理をすることはとても大切なことです。しかし、運動することによって得られる妊娠線予防効果はそれだけではありません。
妊娠線予防に運動が大切な理由は、大幅な体重増加を防ぐ他にも筋肉の衰えを防ぐという役割を持っているからです。
妊娠線は表皮の下にある真皮層から発生します。真皮層は伸縮性に乏しい組織で、お腹が急激にふくらむと耐え切れず裂けてしまうのです。そんな裂けやすい真皮を守る為の重要な役割を担うのが筋肉。
筋肉があることで赤ちゃんが大きくなってもある程度急激なお腹のふくらみを裂けることが出来ます。また、腹筋がしっかりと付いていないことで腹直筋離開(シックスパックの真ん中で左右に腹筋が離れてしまう症状)になると、出産に悪影響を与えたり産後の体型が戻りにくくなってしまったりもします。
腹筋だけでなく適度に筋肉を付けていることで妊娠中の生活・出産時・産後の体型の戻り・育児のしやすさなど様々なことに良い影響をもたらします。妊婦さんの体調管理としておすすめの運動は、近所をお散歩する程度の軽いウォーキング、マタニティスイミングなどもおすすめです。
妊娠初期の頃はお腹が大きくないので思うように動くことが出来ますが、妊娠中期になってくるとお腹が大きくなり思うように運動することが出来なくなります。そんな時にスイミングなら浮力があるので気分転換にも最適です。ヨガなどもおすすめですよ。
妊娠すると体を動かすことが減ってしまうので筋肉が硬直しがちになります。筋肉の硬直で血流の循環が悪くなり冷え性やむくみなどの症状の原因になることも。妊娠初期からヨガを始めておくと違和感なく妊娠中期以降も運動として取り入れることが出来ますのでおすすめです。
妊娠線予防の為でもあり、今後のあなたの生活の為にも適度な運動で筋肉を最低限付けているようにしましょう。
妊娠線予防を完璧に行おうと思うと、気が休まるときがありません。

  • 妊娠線が気になったときからケアを開始。
  • お肌の調子を整えるためのケアはこれ1つでお肌のケアがオールOKな妊娠線クリームでずぼらにケア。
  • 体重は間食を少し抑えて抑えてストレス発散程度のちょっと運動でずぼらに管理。

たったこれだけをするかしないかで妊娠線ができるかどうかを左右したりもします。
妊娠線予防はしなくても後悔することはあっても、して後悔することはありません。特に妊娠線クリームを使用して後悔することはほぼありえませんので、ちょっとでも予防を意識した段階で購入するのがおすすめです。