お母さんの勲章とも言われる妊娠線。勲章とはいえ身体に傷が残るのはあまり嬉しいことではありませんよね。
妊娠線は一度できたら消えないとも言われていますが、妊娠線を防ぐ方法は実はとっても単純な仕組みになっています。
妊娠線の兆候や前兆にはいったいどのようなものがあるのでしょう?

妊娠線が出来る兆候や前兆があるの?

妊娠線ができる時の兆候や前兆は存在します。
妊婦さんの全員が感じるものではないのですが、主に多いのが以下の4つ。

  • 皮膚のかゆみ・乾燥が気になるとき
  • 急激に体重が増えたとき
  • 湿疹ができたとき
  • 皮膚のツッパリを感じたとき

これらの症状が出たときがどうして妊娠線ができる兆候や前兆だと判断できるのか、詳しく見ていきましょう。

・皮膚にかゆみ・乾燥が気になる時
皮膚のかゆみには、お腹や胸周りにかゆみが出てきてしまい無意識で掻いてしまう人も多いのです。掻いていて気がついたら妊娠線が出来ていたという人も少なくありません。
夏の暑い時期、汗で蒸れて湿疹が出来ているのかな?と思ったら妊娠線が出来ていたなんて人もいるようです。乾燥するということは肌が弱まっている証拠でもあります。肌が乾燥することで柔軟性がなくなってしまい、急に大きくなったお腹についていけずに、妊娠線の原因となることもあるので注意してくださいね。
・急激に体重が増えた時
12㎏以上の急激な体重の増加は妊娠線の原因となってしまうことがあります。
急激な体重の増加は皮下組織が引き裂かれ皮下出血が起こりやすくなり、妊娠線の原因となってしまうことがあります。お母さんの体にも負担がかかるので、妊娠中は少しずつ体重を増やすように気を付けましょうね。適度な運動を心掛け体重を調整し、体調のコントロールを心掛けましょう。
・湿疹ができた時
湿疹が出るとどうしても痒くなってしまい、無意識で爪を立てて掻いてしまうと皮膚が傷ついてかさぶたになります。掻くことで肌のバリア機能が失われ、肌はどんどん弱まってしまいます。肌の状態が健康でないと妊娠線が出来やすい原因です。
・皮膚のツッパリを感じた時
お腹が大きくなりピンと張ったような状態になり、お腹周りが重くなったという声もあります。妊娠中期入ってくると、お腹が大きくなりツッパリ感を感じることがあります。人によってはチリチリとした嫌な痛みを感じる場合もあります。