MENU

妊娠線を食事でケアするときに必要な食事・栄養素まとめ

女性を悩ませる妊娠線のケアには、専用のクリームやオイルが使われたりしますが、実は食事に気をつければ、体の内側から妊娠線の予防をすることができるんです。早速妊娠線の予防に効果的な栄養素、食事を紹介します。

 

妊娠線ケアにおすすめな食事って?積極的に摂りたい栄養素と食材

 

お肌の調子を左右するのが毎日の食事となるので、妊娠線を予防したり消したりするには、栄養のバランスに注意して食事をすることが欠かせません。

 

美容のためにビタミンやミネラルなど、お肌の調子を整える作用がある栄養素が大事だということはご存知だと思いますが、妊娠線を予防したりケアをしたりするにはどんな栄養素が必要なのでしょう?

 

お肌の土台を作るコラーゲン

皮膚が伸びて亀裂が入ってしまったコラーゲン繊維、エラスチン繊維、繊維芽細胞を回復させてくれるのが、コラーゲンです。コラーゲンは、美肌対策で使われるように、お肌の引き締めや、新陳代謝を改善する効果もあるので、妊娠線予防にはぴったりです。
コラーゲンを多く含む食材には、
鶏の手羽先・鶏の軟骨・豚肉・モツ・フカヒレ・内臓・うなぎ
などが挙げられます。
市販のサプリメントやゼリーも割と手頃な価格で売られていますね。
一方で、食事でコラーゲンを摂取したとしても、アミノ酸として体内に吸収されるため、実際は意味がないという説もあります。ただ、コラーゲンはタンパク質の一種ですから、最終的にコラーゲンの成分になるので、取って損はありません。

 

栄養吸収を助けるビタミン・ミネラル

体内でコラーゲンを生成するには、ビタミン・ミネラルは必要不可欠な栄養素です。ビタミンB群・ビタミンA・C・E・亜鉛・マンガン・マグネシウム・銅・硫黄・ヨウ素などがあります。特にビタミンCと亜鉛は積極的に摂るようにしましょう。ビタミンCは、あらゆる栄養素の吸収や働きを助けます。その分、疲労・ストレス、タバコの煙、アルコールの摂取により消費が激しいため、意識して十分に摂取しないといけません。
ビタミンCを多く含む食材には、
果物類(ゆず・いちご・レモン・等)・緑黄色野菜(ピーマン・ケール等)・ゴーヤ・ジャガイモ・レンコン・ナスの辛子漬け・のり・煎茶の茶葉
などがあります。
ビタミンCは加熱すると壊れてしまう栄養素ですが、ジャガイモやレンコンなど、デンプンを含む食材では、デンプンがビタミンCを守ってくれるため、料理でうまく利用できそうですね。

 

 

亜鉛は細胞分裂や免疫細胞に関わっているので、亜鉛をしっかり摂取することで、肌の傷跡が治りやすくなったり、肌のキメが細かくなったりと、いいことづくしです。妊娠線も傷跡と同じようなものなので、亜鉛を摂取して肌を健康に保てば、妊娠線が目立ちにくくなります。亜鉛は不足しやすい栄養素なので、食事で取り入れるよう意識しましょう。
亜鉛を多く含む食材には、
牡蠣・レバー・卵黄・にしん・かぼちゃの種・蒸し蟹・ロブスター・鶏肉・豚肉・チーズ
などがあります。

 

傷ついた細胞の修復を助けるタンパク質

良質なタンパク質は、効率よくコラーゲン繊維の成分になります。皮膚のコラーゲン繊維が修復・再生されれば、妊娠線も治りやすくなるということです。良質なタンパク質を多く含む食料は、
卵・牛乳・大豆・豆腐・納豆・鮭・イワシ・しじみ
などがあります。
プロテインを飲んでもいいでしょう。

 

 

妊娠線のケアには和食がおすすめ

妊娠線のケアに効果的な栄養素について紹介しましたが、何より日々の食事で栄養をバランスよく摂らなければ、肌は健康な状態を保てません。和食は栄養素をバランスよく取り入れやすく、しかも低カロリーに抑えられて、栄養管理にうってつけの料理です。例えば、ひじきやワカメのお味噌汁などの海藻類でミネラルを摂取できますし、焼き魚や納豆は良質なタンパク質が含まれているのでおすすめです。和食の基本である、一汁三菜を心がけましょう。通常の食事で不足した栄養素をサプリメントで補うといいですが、あくまでサプリメントは補助食品として扱ってくださいね。

 

 

妊娠線の予防したり早く消すなら日々の食事の見直しが大切

妊娠線は外側から改善するイメージがありますが、実は食事でうまく栄養を摂取するだけで変化は見られるんです。体を作るのは日々の食事。

 

クリームを使った外側からのケアと合わせて食事による妊娠線のケアを行うとさらに効果的です。これまでの食生活を見直して、内面から妊娠線のケアをしていきましょう。