妊娠中のお通じは妊娠線発生のリスクを上げる?

妊娠中の悩みの1つにお通じがありますよね。

 

このお通じ、実は妊娠線と深い関係があるかもしれません。

 

妊娠中のお通じと妊娠線の関係についてまとめてみました。

 

お通じと妊娠線にはどんな関係があるの?

お通じと妊娠線。

 

一見なんのつながりもないように見えるこの2つですが、実は意外と関係が深かったりもするんですよ。

 

 

妊娠線は赤ちゃんの成長によってお肌が引っ張られることでできるものですよね。

 

ここで思い出して欲しいのは、お通じのときに起きるお腹のハリ。

 

そうです。

 

赤ちゃんの成長と共に大きくなるお腹に加えて、お通じによるお腹のハリまで起きてしまうと、お肌の負荷が増加します。

 

そればかりか、お通じを気にしてトイレに行っていきんだときの衝撃により妊娠線が発生してしまうかもしれません。

 

お通じが妊娠線をつくってしまう理由

大きな理由としてはお通じによるお腹のハリが妊娠線をつくる理由になりうる要因です。

 

でも、それともに妊娠線をつくってしまう理由になるのは、お肌の調子が悪くなること。

 

お通じになると吹き出物ができたりお肌が荒れたりして、いくらケアをしてもなかなか良くなりませんよね。

 

そんなお通じによるお肌への影響は妊娠期間にも襲ってきます。

 

妊娠線は健康なお肌でないと予防が難しくなるものです。

 

お通じのせいでお肌の調子が悪くなってしまったら、ただでさえ妊娠の影響でお肌の調子が悪いのに追い討ちをかけてしまいます。

 

妊娠線とお通じには深いつながりがあることを覚えておいてください。

 

お通じに気をつけたい時期

妊娠期間はどうしてもお通じになりがち。

 

妊娠初期から出産までお通じが良くならないこともしばしばあります。

 

定期健診で産婦人科の先生に相談しても、酸化マグネシウムを処方されるだけで根本的な解決ができるわけではありません。

 

妊娠線を作らないためにもお通じにならない生活に気を配るようにしてください。

 

 

そんな妊娠線を作らないために気をつけたい時期は妊娠後期。

 

妊娠後期は、ホルモンバランスの変化に加えて赤ちゃんが腸を圧迫する時期です。

 

そんな妊娠後期は妊娠線が最もできやすい時期でもあります。

 

そんな妊娠線のできやすい時期にお通じはどうやっても避けたいものですね。

 

妊娠してすぐからお通じにならないように気をつけるようにしましょう。

 

そんなすぐにでも解消したい妊娠中のお通じについてはこちらのサイトで詳しく紹介をしています。

 

助けて!妊娠中の辛いお通じを解消する方法|妊婦スッキリナビ

 

妊娠線に関わることも簡単に紹介されていますので、参考にしてみて下さい。